先物取引でお付き合いする会社について

先物取引がなぜ市場に出たのか、もちろん需要があったからでしょうが、実は農産物の価格を安定させる、価格変動のリスクを回避するための手段の1つとして世の中に登場しました。

という事は、生産者が損をせずという事が考えられているという訳でしょうか。

消費者は農産物の価格が高くなってはこまりますよね、逆に生産者は農産物の価格が安くなっては困ります。

そのために出来た仕組みです。

よく考えられていますけど、時代劇のテレビ番組でもありますよね。

物の買い占め。

こうならないように考えられたということでもあるのでしょうね。

先物取引の出来た理由を考えると、どの様な会社と取引するのか、何となく理解出来るように思います。

会社においては強くない商品もあるでしょうし、強い商品もあるでしょう。

そうすると、強い商品に投資するという方が良さそうです。

先物取引は自由参加ですが、どの様な会社と取引するのかは、よく吟味する必要があるのでしょう。

最近は、インターネットでも取引出来ると言いますので、インターネットという選択もありでしょうね、

先物取引、手数料が発生しますよね。

会社によっては手数料で儲けているというところもあります。

というと、投資家が損をしようが、あまり関係ない。

もっと言うなれば、損をしても、今は時期ではない、この次は大丈夫など甘い誘惑をしてくるという事も考えられます。

実際に、この様な経験あるのではないでしょうか。

会社も、儲けなくてはいけませんので、必死でしょう。

どの様な会社とお付き合いするのか、非常に大事な事だと思われます。

1999年までは手数料は業界でも統一されていました。

法律の海瀬により、手数料の自由化が始まります。

証券会社が利益を出すための1つの手段になったという訳です。

先物取引でも手数料は必要です。

その手数料を巡るトラブルも多いとか。

どうすればトラブルを回避できるかが投資家には必要と思われます。

インターネットによるネット証券が1999年10月に日本でも登場しました。

これにより手数料が格安となったと投資家の間では評判です。

私の知人もネット証券を利用しています。

それはこちらです。

先物取引を詳しく知る

ネット野証券だと利便性がよく、自由にできるという所が気に入っているようです。